賃貸保証を頼みたい メリットとデメリットとは?

Posted by · Leave a Comment 

アパートやマンション、コーポや一戸建てなど、賃貸物件にはさまざまな種類があります。
それらを保有するオーナー(家主)の方々にとって、質の高い入居者の確保と、確実な家賃の収入が最大のポイントではないでしょうか。
しかし、最近では多くのオーナーの方々が、そのどちらかで悩んでいると言う話を耳にします。

そこで、最近脚光を浴びているのが、家賃保証会社の存在です。
では、家賃保証会社に入居屋の確保や家賃の回収を含めた、賃貸保証を頼んだ場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
ここではそれを取り上げて考え見たいと思います。

先ずメリットですが、賃貸物件を保有するオーナーにとって、入居者が何かの事情により連帯保証人を付けることができない場合でも、保証会社を使う(媒介する)ことによって、入居予定者の属性(収入や社会的地位など)で部屋を貸すことができます。
同時に、入居者の家賃不払いのリスクを避けることができます。

では、デメリットにはどのようなものがあるでしょうか。
保証会社に連帯保証人と同様の機能を求める入居者の場合、家賃滞納や夜逃げなどの不祥事から、保証会社が多大な損害を被った経緯があるために、属性の良い入居予定者が保証を断られたり、多額の保証金を要求されるケースが増大している現実があります。
そのため、オーナーにとっては、本来なら「入居者」となるべき「入居希望者」を確保できなくなるケースが増え、結果的に空室率が増大し、「空室リスク」が生じることとなります。

保証会社に賃貸保証を頼む際には、これらのメリットとデメリットを勘案することが重要だと言えます。